上手に引越しをするポイント

上手に引越しをするポイント


上手に引越しをするポイント
"不動産屋を利用して賃貸物件を探すことになりますが、その不動産屋のクチコミ情報をチェックしておきましょう。
適当な対応をしているような従業員が在籍している不動産屋は避けるべきなのです。貴重品や掃除用具などのすぐ使うものは業者に頼らずに自分で行いましょう。
どんなに小さな荷物でも退去をする部屋や新居に傷を付けてしまうこともあるので、注意をしながら素早く作業を進めていくようにしましょう。

引越しをする時には使わないものから早めに片付けていくようにしましょう。
引越しをする時にゴミを持っていくワケにはいきませんので、指定された日にしっかりとゴミ出しをしておき綺麗な状態で引越しをすることが大切です。
引越しを業者に依頼しようと考えているのでしたら、早めに見積もりをもらうようにしましょう。
退去をすることを管理会社や大家さんに伝え、また電気やガスなどといったライフラインも手続きも早目に行なっておきましょう。"



上手に引越しをするポイントブログ:17年05月25日

母は腹が出ている…
しかし、姿勢は良い。

その母がバイクに乗るところを見て
子どものころ同級生が、
「おまえのかあちゃん直角にスクーターに乗ってる!」と
揶揄してくれたものだ。

そのスクーターの前後に
いつもたくさんのスーパーのビニール袋を乗せて
母は仕事から家に帰ってきていた。

ブロローォン!!と
スクーターの音がしたら、
妹と二人で玄関に走り出て待っていた。

「お帰りなさい!なんかいいものある?」
と、そのビニール袋をガサガサと開けて
「いいもの探し」
をするのが私達の楽しみだった。

三連のヨーグルトやりんごなんかが出てくると、
とても嬉しかった。

「ごはんの前には食べちゃダメよ」
そう言いながらも
喜ぶ私達を見る母は笑顔だった。

ある日いつもの時間に母が帰ってこない、
夕方日がとても綺麗な日だった。

携帯電話など無い時代
沈んでいく夕方日とともに
私達の心も騒ぎ出した…

「お母さん、スクーターで転んじゃったんだろうか?」
「もしかして帰ってこなかったらどうしよう」

二人でべそをかき始めた頃…
母はいつもよりたくさんの袋をバイクに乗せて帰ってきた。
私達のために
「いいもの」を探していて遅くなったのだろう。

母の腹に抱きついて
「どうしてこんなに遅いのよ、いなくなっちゃうのかと思った!」
そう言ってワンワン泣いた。

あの時いつもの時間に帰ってこないことをきっかけに
いつか母が死んでしまっていなくなってしまうと
子ども心にそのことに気づいてしまった。
だから怖くて仕方なくなった。

でも、母の柔らかな腹の感触と体温が
その日が来るのはずっとずっと先のことだと
安心させてくれた。

上手に引越しをするポイント

上手に引越しをするポイント

★メニュー

家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
様々なチェックポイントのある物件探し
大家さんが賃貸契約の前に審査を実施
上手に引越しをするポイント
細かく物件の下見をしよう
賃貸物件探しで最も大切なこと
とにかくまずは不動産屋へ問い合わせ
賃貸に住むことで発生するトラブル対処
広告を出さなくても良い物件は埋まる
物件全体を細かく確認をして納得の契約


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸探しの参考情報CLUB