とにかくまずは不動産屋へ問い合わせ

とにかくまずは不動産屋へ問い合わせ


とにかくまずは不動産屋へ問い合わせ
"今から賃貸物件を探そうと考えている人はまず最初に貴方が住もうとしているエリアの不動産屋を回ってみましょう。
インターネットや雑誌などで情報公開をしていないような素敵な賃貸物件に巡り合うこともあります。最近ではホームページを持っている会社も多くなっているので、そこからも会社のことを知ることが出来ます。
また不動産屋に対する口コミ情報を書き込みすることの出来る掲示板もありますので、事前に参考として確認しておくと良いでしょう。

不動産屋に電話をする時には相手の対応は要チェックしてください。
不親切な対応をしてきたり、いい加減な返答をしてくるような不動産屋は見切りを付けて別の不動産屋の利用を考えましょう。
インターネットや情報誌などで気になる物件を発見したら、まずは不動産屋に電話をしてみましょう。
電話でどのサイトを確認したのかを伝えて、すぐに物件を見に行く事が出来るのかを確認しておきましょう。"




とにかくまずは不動産屋へ問い合わせブログ:17年05月21日

おいらは、農家の三女として生まれた。
父母はさぞかし男の子を期待していたことだろう。

農家の嫁でありながら、男の子を産めなかった母。
おいらが、もし男だったなら、
母にはもう少し明るい人生があったかもしれない…

物心ついた頃から、おいらは祖母のそばにいた。
祖母はいつも母の悪口を言っていた。
幼い頃から聞かされていたので、おいらも母がきらいだった。
汚い、臭い、気がきかない…そういった言葉だった。

おいらが小学生の時、学校からの帰り道、
今にも悪天候が降り出しそうな午後だった。

遠くに人影が見えた時、嫌な予感がした。
だんだん近づいて来る…
やはり母だった。

「わあい、お母さんだ」
喜んでかけ寄り、かさを受け取る…
それが普通の子どもの姿だろう。

「はい、かさ!」
おいらは、無言で母からかさを受け取った。

母は、お姉さんたちのかさも用意していて
おいらとは反対の方向の学校へ向かっていった。

そのことがおいらにはせめてもの救いだった。
母と並んで歩いて帰るなど、ぜったいに嫌だったのだ。

「今の人、お母さん?」
仲間が聞く。
「うん」
おいらは、それ以上何も言いたくなかった。

もんぺ姿の母を仲間に見られたことが、
ずっしりと重くのしかかっていた。
母はいつももんぺをはいて、汚ない格好をしていた。

母はおしゃれな服など一枚も持っていなかった。
服を買うためのお金がないことも、
おいらは子どもながらに知っていた。

おいらが目覚めた時、母はすでにもんぺ姿である。
おいらが眠りにつく時、母はまだもんぺ姿である。
もしかしたら、寝る時も、
もんぺをはいているのではないかと疑ったこともある。

母のもんぺは、赤い模様があったが、
色あせて疲れているようだった。
とにかくまずは不動産屋へ問い合わせ

とにかくまずは不動産屋へ問い合わせ

★メニュー

家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
様々なチェックポイントのある物件探し
大家さんが賃貸契約の前に審査を実施
上手に引越しをするポイント
細かく物件の下見をしよう
賃貸物件探しで最も大切なこと
とにかくまずは不動産屋へ問い合わせ
賃貸に住むことで発生するトラブル対処
広告を出さなくても良い物件は埋まる
物件全体を細かく確認をして納得の契約


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸探しの参考情報CLUB